急な出費で借りたい場合には

何らかの支払いや急な出費が重なって手持ちのお金では足りなくなってしまったら、大手消費者金融で借りられる最短即日融資に対応した、スピーディなカードローンキャッシングが便利です。申し込み当日での借り入れも可能としているので、すぐにでも現金が必要な場合に大変助かります。

 

有名どころの消費者金融であれば大体は即日融資に対応をしており、TVCMでも頻繁に見かけるプロミスでも最短30分の審査回答から最短即日の融資も可能としています。

 

 

プロミスでは早い借り入れのための手続き方法も完備されており、ネットでの申し込み後に急ぎで借りたい方は近くの契約機まで行くと土日でも当日中にカードの受け取り、ATMでの借り入れも可能となっています。即日融資での利用は平日だけに限られないので、曜日を問わずに素早く借りられるプロミスのカードローンキャッシングは、とにかく急ぎで借りたい方からの人気が高いのです。

 

ただ、プロミスは消費者金融であることから、金利の負担が大きくなっている点に注意が必要です。初回の借り入れに関してはメールアドレスとWeb上での利用明細の確認ができるサービスに登録をすると30日間無利息になりますが、その後に関しては最大金利17.8%の実質年率で支払いを進めなければなりません。

 

無計画に借りると返済の負担が大きくなってしまうので、借りる際にはプロミスの返済金額にも注意をしながら、計画的なキャッシング利用とするようにしてください。

 

高い金利から借り換えるなら

急ぎでお金が必要でプロミスからの借り入れを利用したとしても、何もそのまま高い金利で支払いを続けなければ行けないわけではありません。他に低い金利で借りられるところがあれば借り換えてもよく、借り換えによる返済負担の軽減が期待できるのであれば利用をしない手はありません。

 

例えば消費者金融から銀行に借り換えを行うとなると、多くの銀行カードローンは上限金利が消費者金融よりも数パーセントは低くなっているので、小額の借り入れ時であっても借り換えによる金利負担の軽減が期待できます。大きな金額を借りている際や、複数の借り入れを一本化する借り換えにおいてはさらに効果が大きくなり、毎月の返済負担も最終的な支払い総額も軽くなることが期待されます。

 

おまとめローンとしての借り換え利用は借り入れ先の選定が重要で、いかにそこがおまとめローンに向いているかを判断しなければなりません。銀行のカードローンであれば大体はおまとめローンとしての利用に向き、プロミスをはじめとする消費者金融よりも低金利とはなっていますが、だからと言って銀行ならと簡単に判断すべきではありません。

 

今後の返済を楽にしていかないとおまとめローンの意味がなくなってしまうので、選ぶ際にはまずはおまとめローンの金利に着目して借り入れ先を選ぶようにしましょう。よく考えてしっかりと選べば、おまとめローンは返済負担を軽くしてくれる有効な借り換えとなるのです。