まとまった金額を借りたい

どういった用途であれ、まとまった金額を借りたいのであれば消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用すべきです。銀行なら大きな限度額での借り入れとなると金利が下がるため、例えば借り換えとして他社から乗り換える場合においても、利用金額が大きくなればなるほどに金利負担が軽くなります。

 

まとまった金額、大きな金額で借りるなら金利が低くないと返済が大きな負担となってしまうので、用途を問わずに大きな金額を借りる場合にはまずは銀行カードローンから見ておきましょう。

 

銀行のカードローンの中でも注目をしたいのが、限度額ごとに決められている金利です。銀行の多くは限度額によって金利が決まっているため、借り入れ希望額に応じた金利を見るようにしてください。全体としての下限と上限の金利を見ても意味が無く、いくらの借り入れでその金額での契約の際にはどの程度の金利になるのかを見ておかないと、正しく金利の確認ができなくなってしまいます。

 

例えば借り換え先として人気のオリックス銀行カードローンでは、100万円を下回る少額で乗り幼児には金利はそこまで低くありませんが、100万円を越える金額での契約となると、金利は段階的に下がっていきます。大きな金額を借りる際には消費者金融との金利差も大きく広がるので、借り換えとして利用をすれば金利の負担が大幅に抑えられる可能性があるのです。

 

消費者金融で借りるにあたっては審査時間や融資の対応速度を気にする場合が多いですが、銀行でのカードローンを利用するなら限度額、そして金額に応じた金利をしっかりと確認をするようにしましょう。